アロヒラニリゾート・ワイキキビーチ|朝食は?部屋は?このブログを読めばホテル選びに役立つ情報が分かる!

アロヒラニリゾート
  • URLをコピーしました!

※ 記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ハワイランキング にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
うぇーるん

アロヒラニリゾートってどんなホテルなの?

あみん

大規模改修を経て2017年にオープンしたワイキキの中では比較的新しいホテルだよ!

ハワイ旅行のステイ先のホテルをお探しですか?

アロヒラニリゾート・ワイキキ・ビーチは、120億円の費用をかけて大改修を行い2017年にリニューアルオープンした4つ星ホテルです!

あみん

その前はパシフィックビーチホテルという名前で営業していたよ!

ホテル選びを重要視するポイントはひとそれぞれ。

筆者はこれまで、オアフ島のホテル10箇所以上に滞在した経験があります!

この記事では、アロヒラニリゾート・ワイキキビーチの立地、お部屋、朝食、人気の理由を詳しく解説、オアフ島のほかのホテルと比べて、アロヒラニリゾートにどんな魅力があるのか、どんな人におすすめなホテルかも含めて紹介します。

1つの検討材料になれば嬉しいです!

ホテルの空きを確認するならこちらから!

\ 時期によっては早めの予約がおすすめ /


目次

スポンサーリンク

アロヒラニリゾート・ワイキキビーチの総合評価

アロヒラニリゾート外観
アロヒラニリゾート外観

アロヒラニリゾートはとにかくワイキキ随一のおしゃれさを誇っていて、なおかつ高級感もある素敵なホテルです。

そんなアロヒラニリゾートは下記項目でレート化してみました。

アロヒラニリゾートの総合評価

ホテルランク
価格
立地・利便性
眺望
部屋の広さ
清潔度
アメニティ
静かさ
食事
日本語が通じるか通じる(日本語のサポートデスクあり)
子連れ満足度

ハレクラニやリッツカールトンを5つ星にすると、アロヒラニリゾートは4つ星ランク

そんな4つ星ホテルの中では比較的リーズナブルな価格帯で、施設の新しさ、そしてインテリアのおしゃれ具合はかなりポイントが高い点です。

アロヒラニリゾートに向いている人と、オススメしない人をカテゴリー化しました。

アロヒラニリゾートがオススメな人

  • ラグジュアリーホテルに比較的リーズナブルに泊まりたい
  • 新しい施設・モダンリゾートのおしゃれなインテリアが好き
  • 現地での食費を抑えるために食事つきプランも検討している
  • アメニティが重要
  • 日本語が通じるスタッフが常駐してほしい

アロヒラニリゾートをオススメしない人

  • 眺望重視
  • ワイキキの中心部にすぐ足を運びたい
  • 子供が喜びそうな広いプールに入りたい
  • ぜったいにバスタブが必要


みなさんはホテル選びの条件によって、アロヒラニリゾートが魅力的かどうか別れるところですね!

それではお部屋の詳細解説に行ってみましょう。

アロヒラニリゾートの部屋タイプ

アロヒラニリゾートの部屋タイプ

  • スタンダード
  • スイート
  • ADA対応ルーム

アロヒラニリゾートの眺望カテゴリー

  • プレミアオーシャンフロント
  • ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー
  • オーシャンビュー
  • パーシャルオーシャンビュー
  • スタンダード

部屋タイプはスイート以外は、眺望にかかわらず同じ広さの31平米のお部屋です。

ほとんどのクイーンベッド2台のお部屋は、ハンドシャワー、バスタブがついています。(ご用意のない部屋がございます。ご了承ください。)

公式ページにこのような記載があります。

キングサイズベッドの部屋を予約はバスタブなしの部屋に当たる可能性が高いこと、ベッド2台の部屋を予約した場合でもバスタブがない可能性があるということですね。

要望が必ず通るとは限りませんが、バスタブが必要な方は事前リクエストをしてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

アロヒラニリゾートの部屋の詳細

アロヒラニリゾートのお部屋の様子を紹介します。

客室

ベージュとオークウッドのカラーが心地良い上品なモダンインテリアがとても素敵です。

ベッド1台の場合はキングサイズ、ベッド2台の場合はクイーンサイズのお部屋になります。

キングの場合は別でカウチが設置されていてくつろぐスペースがありますね。

この写真は「ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー」のお部屋。

ザ・ハワイという風景が素敵ですよね!

バスルーム

こちらもすっきりとしたデザインの洗面台。

白とオークウッドがとても清潔感がありますよね。

バスアメニティ(シャンプー・コンディショナー・ボディーウォッシュ)、バスローブ、スリッパが用意されています。

アメニティは日本のホテルと違って必要最低限しか置かないのがアメリカ式。

歯ブラシもないので、必要なものは要持参です!

アメニティ

アロヒラニリゾートのアメニティはなんとあの高級オーガニックブランド、マリエ・オーガニクスのものです!

マリエオーガニクスをバスアメニティにしているホテル、ほかにありますか?私の知る限りはアロヒラニリゾートだけ。特別感がありますね。

部屋からの眺望

こちらは一番カテゴリーが高い、プレミアオーシャンフロントの眺望です。

アロヒラニリゾートの立地はこちら。

ワイキキのメインストリート・カラカウア通りの後ろに位置していて、なおかつホテルの建物自体は、海に対して垂直に立っています。

つまりこの眺望を楽しめる人はほんの一握りの人ということが分かります。

眺望カテゴリーの高いこのプレミアオーシャンフロントと、眺望指定なしのお部屋ですと、1泊あたりの金額にかなりの差があります。

眺望を重視するのであれば、シェラトンやモアナサーフライダー、アウトリガーリーフなどを予約した方がいいのでは感じるのが個人的な意見です。

アロヒラニリゾートの館内施設

ここからはアロヒラニリゾートの館内施設をご紹介します!

プール

アロヒラニリゾートにはインフィニティプールがあります!

インフィニティプールとは、海とプールが一体になっているように見える設計のプールのこと。

プールに入りながら、ワイキキビーチを一望できる贅沢なひとときを過ごすことができますよ。

また、アロヒラニリゾートのプールエリアはこのようにとても広くなっていて、ビーチベッドでくつろぐこともできますし、テラス席に座ってドリンクを楽しむこともできますよ。

うぇーるん

ザ・大人の空間という雰囲気だね!

ビーチキャンディープログラム

1室1泊につき3ポイントのビーチキャンディークレジットが付与されるそうで、ワイキキビーチで楽しめるビーチ用具のレンタルができます

ビーチアイテムをハワイ滞在中に購入する方も多いと思いますが、滞在中だけ使った後は処分する人もいますよね。

環境保護の目的も担っていて、ホテルが貸し出しすることによって、サスティナブルな利用を実現できるんですよね。

こういう取り組み、素敵です。

ジム&スパ

アロヒラニリゾートには、ジム、そしてホテルスパも用意がありますよ!

こういったところが、ラグジュアリーリゾートのカテゴリーだなと感じます。

スポンサーリンク

アロヒラニリゾートのレストラン

アロヒラニリゾートは、大注目のレストラン・カフェが多数あって、宿泊していなくても一度は訪れたい!という人も多いんです。

LA BETTOLA

ラベットラハワイ店

まずアロヒラニリゾートにオープンしたという大注目のお店。

日本にイタリア料理を広めたというカリスマシェフ・落合務氏が手がけるLA BETTOLA(ラ・ベットラ)です!

銀座に本店を構えるラ・ベットラ、シグニチャーのうにパスタをはじめとする、美味しいイタリアンを求めて連日予約なしでは入れない大人気店です!

あみん

私も銀座勤めしていた時に同僚と食べに行ったことがあるよ!懐かしい!

ラベットラハワイ
ラベットラハワイは朝はLBカフェとして営業

朝6:00~11:00まではLBカフェとしてペストリーとカフェを楽しめ、夜はイタリアンを楽しむレストラン形態の2回営業です。

アロヒラニリゾートのアイコン的な存在、巨大水槽を眺めながら楽しむ食事はより一層美味しさを際立たせます。

ラ・ベットラの店舗情報

価格帯メインディッシュ:30ドル〜60ドル
営業時間朝食:6時00分~11時00分(LBカフェとして営業)
ディナー:17時00分~22時00分
電話番号+1(808) 921-6190
服装朝食:カジュアル
ディナー:リゾートウェア
駐車場バリデーションで無料(バレーもしくはセルフ)
予約 予約サイトから予約可(URL:resy.com
SNShttps://www.instagram.com/labettola808/

モリモト・アジア・ワイキキ

世界的有名シェフである森本正治氏がプロデュースするレストラン。

日本料理、中国料理、東南アジア料理と、幅広いアジア料理に西洋料理を融合させたフュージョン料理をカジュアルに楽しむことができるお店です。

昔モダンホノルルに和食の創作料理を提供していたモリモト・ワイキキがありましたが、そちらが閉店となり、2018年にアジア料理のフュージョンとして移転オープンしたんですね!

250席を有する広々とした店内で、おしゃれな内装も素敵です。

モリモト・アジア・ワイキキの店舗情報

価格帯メインディッシュ:20〜30ドルが主体
営業時間ディナー:17時00分~21時00分
電話番号+1(808) 922-0022
服装カジュアル
駐車場バリデーションで無料(バレーもしくはセルフ)
予約 公式サイトから予約可
SNShttps://www.instagram.com/morimotoasiawaikiki/

モモサン

こちらもモリモト・アジア・ワイキキ同様、森本シェフが手がけるお店。

ニューヨークで人気を集めるラーメンビストロです。

シグニチャーの豚骨ラーメンをはじめ、ココナッツミルクを使った担々麺など、モリモトらしい異文化が融合したメニューが日本ではなかなか楽しめない味です。

ラーメン以外にも、餃子やポケ、唐揚げ、丼ものなどの用意もあり、価格も比較的リーズナブルな設定のため、使い勝手が良いとハワイ在住者野中でも評判です。

モモサン・ワイキキの店舗情報

価格帯アペタイザー:15ドル前後 
ラーメン:20ドル前後
営業時間ランチ:11時00分~15時00分
ディナー:17時00分~22時00分
電話番号+1 808-922-0011
服装カジュアル
駐車場バリデーションで無料(バレーもしくはセルフ)
予約 電話にて可能
SNShttps://www.instagram.com/momosanwaikiki

カイコーヒー アロヒラニリゾート店

カイコーヒー アロヒラニリゾート店
カイコーヒー アロヒラニリゾート店

今ハワイで大人気のコーヒーショップ・アロヒラニリゾート店があります。

カイコーヒーに関する詳細はこちらで記事にしているので、よかったらご覧ください!

カイコーヒー 全店舗の中で一番好きなアロヒラニリゾート店。

ぜひ一度足を運んでみてほしいです!

スウェル

スウェルはプールエリアにある軽食やドリンクが楽しめるレストランバー。

週末の夜はDJのミージックパフォーマンスも行われていて、ワイキキの夜風に吹かれながら美味しい食事とドリンクを楽しむことができます。

ホテル滞在者はプールやビーチの前後にスイムウェアで楽しめるところも開放感があっていいですよね。

子供と一緒に楽しめるメニューもあるので、家族づれのランチにもおすすめです。

スウェルの店舗情報

価格帯料理:22ドル〜30ドル前後 カクテル:17ドル
営業時間平日:10時00分~22時00分
週末:10時00分~0時00分
ハッピーアワー:16:00〜18:00
電話番号+1 (808) 922-1233
服装カジュアル(スイムウェアOK)
駐車場バリデーションで無料(バレーもしくはセルフ)
予約 電話にて可能
SNShttps://www.instagram.com/momosanwaikiki/

マカナ・ラニ

1日中楽しめるオールデイダイニング、マカナ・ラニです。

朝食とブランチはブッフェスタイルで楽しめます。

ブッフェを利用の場合はソフトドリンクやコーヒーなどは無料で提供されますが、アラカルトでの利用の場合、BYOB(Bring Your Own Beverage)という持ち込みOKのシステムを採用しているんですよ!

うぇーるん

円安だし持ち込みできたらありがたいよね!そしてディナーで食べられるステーキは絶品だと人気だよ☺︎

そしてお店の場所も素敵で、アロヒラニリゾート内の2階に位置したレストランで、ラベットラからも見える水槽を眺めながら食事することができます。

ハッピーアワーも毎日開催していて、レストランオリジナルのビールをはじめ、美味しいお酒やお料理がお得に楽しめるという、楽しみ方がいろいろあるレストランです。

マカナ・ラニの店舗情報

価格帯朝食:35ドル ブランチ:65ドル 朝食アラカルト:20ドル前後
営業時間朝食:月~金曜日 6:00~11:00
パウハナ:毎日 16:00~17:00
ディナー:毎日 17:00~20:00
ブランチ:土、日曜日 9:00~14:00
電話番号+1 (808) 921-6198
服装リゾートウェア
駐車場バリデーションで無料(バレーもしくはセルフ)
予約 電話もしくはOpen Tableにて可能
SNShttps://www.instagram.com/makanalanihawaii/

サービス&アクティビティ

ここからは、アロヒラニリゾートで提供している注目のサービスやアクティビティを紹介します☺︎

ラウンジサービス

アロヒラニリゾートはラグジュアリーホテルのカテゴリーなので、なんとクラブラウンジが併設されています!

LONGBOARD CLUB(ロングボードクラブ)というラウンジへのアクセスはラウンジアクセス権がついた宿泊プランの方のみ利用可能です。

ラウンジには日本語を話せる専用バトラーも駐在していて、至れり尽くせりなサービスを受けられること間違いなし。

ロングボードクラブの特徴

  • 特製アサイーボウルを含むコンチネンタルブレックファスト(6:00〜10:00)
  • ワイン・クラフトビールのフリーフロー(16:00〜20:00)
  • チーズ・シャルキュトリー、エクゼクティブシェフがもてなす軽食
  • 夕方のオーダーメイドパスタステーション
  • ロングボードクラブ限定のプールエリアのカバナ利用
  • ロングボードクラブ限定のプライベートプール
  • ラウンジ専用の屋外ラナイ利用

プールエリアに設置されているカバナ

ホテル滞在をワンランク上にしてくれること間違いなしです。

ホテルの空きを確認するならこちらから!

\ 時期によっては早めの予約がおすすめ /

無料アクティビティ

他にもホテル滞在期間中に楽しめる無料アクティビティも充実しています!

無料アクティビティ

  • DJによる音楽とともに楽しむ動画アート(週末19:00-22:00)
  • オーシャナリウムで魚の餌付け見学(10:30/14:30)
  • アクア・フィットネス・クラス
  • ハワイアンカルチャー体験アクティビティ
  • フラレッスン・レイメイキング
  • 女王リリウオカラニツアー

時間やスケジュールなどの詳細はホテルHPをご確認ください。

空港シャトル

アロヒラニリゾートは、ハワイのシャトルバスを運行している「ロバーツハワイ」と提携していて、7:00~11:00の間に空港を出発するシャトル利用可能です!

1人あたり26ドル。(2024年4月現在の価格)

行き先はホテルではなく、アラモアナショッピングセンター行き。

15時のチェックインまで荷物の無料預かりもあり、ショッピングをしながら待つことができるんです。

ロバーツハワイのHPからか日本語対応の電話にて、事前予約がおすすめです。

アロヒラニリゾートの周辺環境

アロヒラニリゾートエントランス
アロヒラニリゾートエントランス

アロヒラニリゾートは、ワイキキビーチの東側にあるホテル。

ワイキキビーチを一望できるひらけたエリアでもあるので、常に海を眺めながら歩ける散歩は本当に気持ちがいいです。

グルメ・食料品の調達

  • アランチーノ(イタリアン)(徒歩5分)
  • ワイキキマーケット(徒歩6分)
  • ローソンワイキキビーチ店(徒歩5分)

ショッピング・観光スポット

  • インターナショナルマーケットプレス(徒歩6分)
  • デュークカハナモク像(徒歩4分)
  • ホノルル動物園(徒歩7分)

ハワイで昔から大人気のイタリアン・アランチーノの大型店が徒歩5分の距離にありますし、ホノルル動物園までも徒歩7分ほどと好立地。

メインのロイヤルハワイアンセンターのある場所から考えると、ワイキキの端に位置しているのですが、それでも観光にグルメにショッピングに堪能できると思います☺︎

スポンサーリンク

まとめ

アロヒラニリゾート ロビー
アロヒラニリゾート ロビー

アロヒラニリゾート ・ワイキキ・ビーチのまとめです!

アロヒラニリゾートの総合評価

ホテルランク
価格
立地・利便性
眺望
部屋の広さ
清潔度
アメニティ
静かさ
食事
日本語が通じるか通じる(日本語のサポートデスクあり)
子連れ満足度

アロヒラニリゾートがオススメな人

  • ラグジュアリーホテルに比較的リーズナブルに泊まりたい
  • 新しい施設・モダンリゾートのおしゃれなインテリアが好き
  • 現地での食費を抑えるために食事つきプランも検討している
  • アメニティが重要
  • 日本語が通じるスタッフが常駐してほしい

アロヒラニリゾートをオススメしない人

  • 眺望重視
  • ワイキキの中心部にすぐ足を運びたい
  • 子供が喜びそうな広いプールに入りたい
  • ぜったいにバスタブが必要

アロヒラニリゾートの眺望カテゴリー

  • プレミアオーシャンフロント
  • ダイヤモンドヘッドオーシャンビュー
  • オーシャンビュー
  • パーシャルオーシャンビュー
  • スタンダード

2017年オープンとワイキキの中では比較的新しく、とにかくインテリアがモダンでおしゃれなアロヒラニリゾート。

ラウンジアクセスや、ハワイで注目を集める話題のレストランやカフェが集結しているところも魅力的です。

この記事がホテル選びの参考になったなら嬉しいです☺︎

ホテルの空きを確認するならこちらから!

\ 時期によっては早めの予約がおすすめ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

目次